6名逮捕・家宅捜査14ヶ所の大弾圧に反撃しよう!

統一地方選挙への予防拘禁を許すな!
 釜ヶ崎の仲間たち!
 一昨日のビラでも報告したように、去る4月5日、大阪府警は医療連の大谷さんや行動する会働き人の南さんなど6名の仲間を「公務執行妨害」の容疑で逮捕し、医療連や人民食堂、ふるさとの家などの事務所のほか個人宅を含む14ヶ所の家宅捜査を行うという前代未聞の大弾圧を行った。
  
 大阪府警は、昨年7月11日の参議院選挙のさい萩之茶屋投票所において、大谷さんや南さんたちが住民票を奪われた労働者に「投票に行こう!」と呼びかけたことが「公務執行妨害」だとしている。なぜ、「投票に行こう!」と呼びかけることが罪になるのか。それが公務執行妨害になるとしたらなぜ9ヶ月間も放置していたのか。そして統一地方選挙の投票日直前の今になってなぜ逮捕・家宅捜査を行ったのか。これらのことからはっきりしているのは、統一地方選挙にむけた予防拘禁であり、報復弾圧であるということだ!このような弾圧を絶対に許してはならない!

 そもそも昨年7月11日、萩之茶屋投票所での事態の責任は大阪市にある。安定した住所がなく釜ヶ崎解放会館などにあった2千名以上の住民票を強制消除したのは大阪市ではないか!日雇労働者や野宿の仲間の権利を奪うだけ奪い、「貧乏人には選挙権もない」と言わんばかりに、投票所から排除したのは大阪市選管ではないのか!

 釜ヶ崎で生活する仲間たちは、全国各地の現場や飯場を飛び回り働いてきて、この国の経済を根底から支えてきたのだ。あるときはドヤに泊まり、全国各地の飯場で働く労働者にどこに住民票を置けと言うのか。また行政や資本もそのような「自由な労働力」を必要としてきたのではないのか。都合のいいときだけ雇われ、必要とされなくなれば簡単に首を切られる。昨今派遣労働者の大量解雇が問題になったことからも、その構造はなんら変わっていない。そしてその結果、失業や貧困を理由に野宿を強いられている仲間は、どこに住民票を置けばいいのか。住民票を置く場所がないという理由だけで、選挙権まで奪われなければならないのか。2007年の住民票強制消除に抗議する闘いの中で大阪市は「野宿者は選挙権を行使できない」とまで言い放った。そしてそれから4年の中で大阪市は、選管はいったい何をしてきたと言うのか。対策は何一つ行わず、ただただ投票所から排除してきただけではないか。

 おりしも関東・東北大震災、そして福島原発の大事故という未曾有の天災・人災のなか20万人もの人々が住む家を失い、被災地での統一地方選挙の延期や混乱が報じられている。安定した住居を持たない者、住民票を置く場所のない者の選挙権をどう確保するのか、これは今国家的な課題となっていると言っても過言ではない。そうした中での大阪府警による弾圧は決して6名の仲間にのみ向けられた攻撃ではない。これは安定した住居を失ったすべての人々に向けられた攻撃なのだ。

 失業、貧困などで住む場所を追われた仲間への攻撃を絶対に許してならない!住む場所が無いからといって選挙権を剥奪する行為は許されない!そして奪われた権利を取り戻そうと闘ってきた6名の仲間を孤立させてはならない!大阪市、大阪府警の大弾圧には仲間たちの団結でやり返そう!
4・5釜ヶ崎大弾圧救援会
東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った
(2009/07/18)
林田 力

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 2011統一地方選挙
ジャンル : 政治・経済

天皇会見問題でノーパンしゃぶしゃぶ再注目

習近平国家副主席と天皇の会見問題で「ノーパンしゃぶしゃぶ「楼蘭」 顧客名簿」が改めて注目されている。内閣を公然と批判し、逆に辞任を要求された羽毛田信吾宮内庁長官が「ノーパンしゃぶしゃぶ「楼蘭」 顧客名簿」に掲載されているためである。羽毛田長官を「見るからにエロオヤジ的な雰囲気の漂う」と評するブログ「カナダde日本語」では「このリストにある役人たちが現在、どのような職を得ているのか時間のある方は調べる価値あるかもね。きっとほとんどが天下ってるんじゃない?」と述べる(「羽毛田信吾宮内庁長官はノーパンしゃぶしゃぶ狂だった!(笑)」2009.12.15)。
ノーパンしゃぶしゃぶ「楼蘭」 顧客名簿に記載された高木賢・農林水産省農産園芸局長(当時)は農林水産省退職後に弁護士となり、井口寛二法律事務所(東京都千代田区神田駿河台)に入った。高木氏を受け入れた井口寛二法律事務所は農林水産省から総合食料局所管事務に係る法律顧問の契約を随意契約で締結した(林田力「天下りと随意契約~法律事務所の事例」JANJAN 2007/05/30 )。建設会社が天下りを受け入れ、公共事業を受注することと同じ構図である。それが法律事務所でも行われていることは大きな驚きである。
http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-1942.html
東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った
(2009/07/18)
林田 力

商品詳細を見る
東急不動産(販売代理・東急リバブル)から不利益事実を隠して問題物件をだまし売りされた著者(=原告)が消費者契約法に基づき売買契約を取り消し、裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟、東京地裁平成18年8月30日判決、平成17年(ワ)3018号)で売買代金を取り戻した闘いの記録。
裁判における当事者と裁判官の緊迫するやり取りを丹念に再現
個人が不誠実な大企業を相手に闘うドラマがある!
裁判と並行して明らかになった耐震強度偽装事件の余波や欠陥施工、管理会社・東急コミュニティーの杜撰な管理にも言及し、深刻化を増すマンション問題の現実を明らかにする。

テーマ : 東急リバブル東急不動産不買運動
ジャンル : 政治・経済

「コリアン・ジェノサイド」で近代史を考える 林田力

日本と朝鮮半島の真の友好を目指す市民団体・「韓国併合」100年市民ネットワーク・関東がシンポジウム「コリアン・ジェノサイド」を2009年9月27日に月島区民館(東京都中央区)で開催した。内容は趙景達「東学農民軍へのジェノサイド」と前田朗「コリアン・ジェノサイド」である。
前者は司馬遼太郎史観に代表される俗説的見解に対して新鮮な視点を提供した。
日清戦争については朝鮮の支配権をめぐる日清間の戦争という視点がある。歴史の教科書に掲載されているジョルジュ・ビゴーの風刺絵(日本人と中国人がコリアと書かれた魚を釣ろうとしている)が典型的である。この視点を趙氏は朝鮮史の立場から否定する。日清戦争は一方的に朝鮮を侵略しようとした日本に対し、朝鮮民衆と朝鮮を援けようとした清国の戦いと位置付ける。
東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った
(2009/07/18)
林田 力

商品詳細を見る
東急不動産(販売代理・東急リバブル)から不利益事実を隠して問題物件をだまし売りされた著者(=原告)が消費者契約法に基づき売買契約を取り消し、裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟、東京地裁平成18年8月30日判決、平成17年(ワ)3018号)で売買代金を取り戻した闘いの記録。
裁判における当事者と裁判官の緊迫するやり取りを丹念に再現
個人が不誠実な大企業を相手に闘うドラマがある!
裁判と並行して明らかになった耐震強度偽装事件の余波や欠陥施工、管理会社・東急コミュニティーの杜撰な管理にも言及し、深刻化を増すマンション問題の現実を明らかにする。

テーマ : 東急リバブル東急不動産不買運動
ジャンル : 政治・経済

(林田力記者)『警察庁出入り禁止』3

林田力記者)『警察庁出入り禁止』3
 本書は様々な問題を取り扱っているが、中でも衝撃的なものは群馬県警高崎署の警察官が木刀でバイク走行者をメッタ打ちにしたという疑惑である。警察は市民の犯罪捜査への協力が得られないと嘆くが、「その原因は、日頃市民と接する機会の多い交通警察があまりにも市民の反感を買っているからだ」と警察官の中にも原因が警察側にあることを認識している発言をしている(221ページ)。
 警察への批判が本書のメインテーマであるならば、サブテーマは警察発表を垂れ流すだけで、自ら取材して報道しようとしないマスメディアへの批判である。寺澤氏がスーパーバイザーを務めた映画「ポチの告白」でも警察とマスメディアの双方が批判されている。本書の問題意識が、そのまま「ポチの告白」につながっていることが理解できた。
ブログ SNS プロフ HP 2 3 J

テーマ : 東急リバブル東急不動産不買運動
ジャンル : 政治・経済

(林田力記者)映画「ポチの告白」が健闘

 警察犯罪のタブーに切り込んだ社会派映画「ポチの告白」(高橋玄監督)が健闘している。「ポチの告白」は菅田俊演じる真面目な警察官が警察組織の腐敗体質に染まり、自滅していく過程を描いた作品である。警察不祥事に取り組むジャーナリストの寺澤有氏が提供した実話に基づく衝撃的な内容になっている。
 「ポチの告白」は2009年1月24日にK’s cinema(ケイズシネマ、東京都新宿区)で公開され、記者は初回の上映を鑑賞した。ぴあ株式会社の「ぴあ満足度ランキング」では同日公開の映画の中で3位になった。これは映画鑑賞後の観客に「ぴあ」の調査員が映画館の前で実施するアンケートをまとめたものである。


テーマ : 東急リバブル東急不動産不買運動
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

東急不動産東急リバブル不買

Author:東急不動産東急リバブル不買
東急不動産東急リバブル不買運動
だまし売り 不正 HAYARIKI 欠陥
ブログ Blog BLOG 被害 宣言 偽装 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク