FC2ブログ

林田力 高校生活 #Amazon #Kindle

高校生活,High School Life,2020/1/3,B083GJ4X2P
大学生活,University Life,2019/11/1,B07ZX48J4Q
続警察不祥事,The Sequel to Police Scandal,2019/8/10,B07W78KZXX
フランス,France,2019/8/3,B07W3VYTXH
イタリア史,Italian History,2019/8/2,B07WKV6YF6
イギリス,Britain,2019/7/30,B07VVDF7T3
Eコマース,E-Commerce,2019/7/29,B07VW6KHXX
直江兼続,Naoe Kanetsugu,2019/7/26,B07VS84VZ9
ドリンク,Drink,2019/7/20,B07VF1NG9M
中国史,Chinese History,2019/7/14,B07V53L4RB
明治大正時代,Meiji and Taisho Era,2019/7/8,B07V2ZHBWQ
金融,Finance,2019/7/6,B07TX3MGSF
市民メディア,Citizen Media,2019/6/29,B07TPD2PYN
警察犯罪,Japanese Police Crime,2019/6/28,B07TSXKTNJ
リベラルアーツ,Liberal Arts,2019/6/23,B07T9XBNLK
安土桃山時代,Azuchi Momoyama Period,2019/6/16,B07T535FR7
ハンバーガー,Hamburger,2019/6/14,B07T2PPMQH
アメリカ,America,2019/5/31,B07SLR8G6Q
SDGs,SDGs,2019/5/28,B07SFG429Y
昭和,Showa,2019/5/24,B07SBMCNG7
タイムスリップ,Time Slip,2019/5/23,B07S78V6L5
麺類が好き,I Like Noodles,2019/5/17,B07S3FMLPS
アジア史,Asian History,2019/5/16,B07S181NNN
江戸時代,The Edo Period,2019/5/13,B07RV1CVS2
令和ビジネス書評,Reiwa Businee Book Review,2019/5/11,B07RQG7R3K
架空歴史漫画,Fictional History Comics,2019/5/4,B07RKLLZ1B
何者かの書評,Someone Reviews Books,2019/5/2,B07RG54T23
現代日本文芸ブログ,Contemporary Japanese Literature Blog,2019/5/1,B07RCXH642
左翼スタンドへのホームラン,Home Run to Left Field Stand,2019/4/27,B07R8PQ2FD
ミステリードラマ,Japanese Mystery Drama,2019/4/20,B07QWGHSG2
日本史漫画レビュー,Japanese History Comics Review,2019/4/11,B07QM97ZX1
チキン大好き,I Love Chicken,2019/3/29,B07Q7QT4FR
冤罪,False Charge,2019/3/23,B07PXYT1LR
おやつ,Dessert,2019/3/1,B07PBJ29CD
恋愛物書評,Romance Reviews,2019/2/15,B07NSVNNK5
みんなの未来(あした)を守る会,Party to Protect Your Tomorrow,2019/1/8,B07MJH4QHY
幽霊漫画レビュー,Ghost Comic Reviews,2019/1/5,B07M756FQ9
さいたま市議選争点,Saitama City Assembly Election Issues,2019/1/3,B07M6Z9J99
不当逮捕レビュー,Review about Abuse of Power,2017/12/25,B078FLQK84
グルメ書評,Gourmet Book Review,2017/12/17,B078GW7Y5G
世界史,World History,2017/12/4,B078CYMKH8
韓国ドラマレビュー,Korean Drama Reviews,2017/10/3,B07HDTHXNV
働き方改革,Work Style Reforms,2017/9/30,B07635Q97H
機動戦士ガンダム漫画レビュー,Mobile Suit Gundam and Comics Reviews,2017/9/23,B075WFD556
東急不動産だまし売り裁判と市民社会,The Suit TOKYU Land Corporation Fraud and Civil Society,2017/8/20,B074Z2BZ43
東急電鉄問題,Problems of TOKYU Corporation,2017/7/29,B074DDMC7H
東急不動産だまし売り裁判と東急バス,The Suit TOKYU Land Corporation Fraud and TOKYU Bus,2017/7/8,B073TJKR2V
東急不動産だまし売り裁判と共謀罪,The Suit TOKYU Land Corporation Fraud and Conspiracy,2017/5/13,B071LD5TDT
東急不動産だまし売り裁判と日本海賊TV,The Suit TOKYU Land Corporation Fraud and Japan Pirate TV,2017/3/25,B06XVXM8YH
投資マンション不買運動,Boycott Mansion Investment,2017/2/4,B01N3BVU29
東急不動産だまし売り裁判19ダンダリン,The Suit TOKYU Land Corporation Fraud 19 Dandarin,2013/12/21,B00HGN89VQ
東急不動産だまし売り裁判17,The Suit TOKYU Land Corporation Fraud 17,2013/10/12,B00FUYC5DQ
東急不動産だまし売り裁判15堺市長選挙,The Suit TOKYU Land Corporation Fraud 15 Sakai Mayoral Election,2013/9/3,B00EZ4UMXM
東急不動産だまし売り裁判12東急リバブル広告,The Suit TOKYU Land Corporation Fraud 12 TOKYU Livable Ads,2013/8/14,B00EKJ6LIM
東急不動産だまし売り裁判訴状,The Petition against TOKYU Land Corporation Fraud,2013/7/14,B00DY7796O
二子玉川ライズ反対運動10,Opposition Movement Against FUTAKOTAMAGAWA Rise 10,2013/7/13,B00DXMMA6Y
東急不動産だまし売り裁判6東急百貨店だまし売り,The Suit TOKYU Land Corporation Fraud 6 TOKYU Department Store Fraud,2013/6/20,B00DJ8FKCI
highschool.jpg

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : KINDLE(キンドル)と電子書籍
ジャンル : 本・雑誌

#機動武闘伝Gガンダム 連邦の無能

『機動武闘伝Gガンダム』の特徴はコロニーが権力の中心であり、地球の住民が翻弄されていることである。これは宇宙世紀の逆である。宇宙世紀は地球住民がエリートでコロニー住民を搾取しているという構図であった。実際、連邦政府の腐敗や無能は色濃く描かれている。それ故に主人公サイドの連邦よりもジオンに感情移入する。一方で登場する地球住民も翻弄され、虐げられる人々であった。

地球連邦という組織の腐敗は明白であるが、それが重力に魂をひかれた結果とは思えない。ニュータイプのアムロ・レイやララア・スン、クエス・パラヤは生粋の宇宙育ちではなく、地球で生活していた。その意味でコロニーを権力の中心とした『機動武闘伝Gガンダム』の構図は面白さがある。

続きを読む

テーマ : 機動戦士ガンダムシリーズ
ジャンル : アニメ・コミック

#ゴールデンカムイ 依存性薬物は悪の組織

網走監獄の裏切りを経て杉本は鶴見グループと行動を共にする。裏切り者は最後の晩餐のユダのポジションであった。敵の敵は味方という理屈だろうが、依存性薬物を扱うグループと主人公が行動を共にすることは納得しがたい。鶴見グループが敵でなくなるならば偽の刺青で撹乱する話はどうなるのか。最終的には杉本と鶴見中尉が戦うことになるだろう。
奇人変人揃いの中で比較的まともな軍人だった月島軍曹の過去が回想される(『ゴールデンカムイ 15』)。月島軍曹も重いものを背負っていた。依存性薬物に手を出していなければ鶴見中尉に感情移入できるのに。依存性薬物を扱う組織は悪である。
鶴見中尉グループの樺太先発隊の責任者は月島である。階級では鯉登少尉が上であるが、新任将校より叩き上げの下士官を上にすることは妥当である。旧日本軍の十五年戦争の敗因に中央から派遣された参謀が無謀な作戦を押し付け、精神論根性論で達成させようとしたことが挙げられる。旅順の無謀な突撃を批判する鶴見中尉の人事は妥当である。

続きを読む

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

#保安官エヴァンスの嘘 値段と品質は比例しない

栗山ミヅキ『保安官エヴァンスの嘘 DEAD OR LOVE』(小学館)はアメリカ西部開拓時代を舞台としたギャグ漫画。主人公エルモア・エヴァンスは腕の良い保安官、西部一のガンマンであるが、恋人いない歴イコール年齢である。内心はカッコつけたい、モテたいと強く思っている。それが空回りしたり、誤解されたりがギャグになる。
女賞金稼ぎオークレイが登場してからは『かぐや様は告らせたい』的な恋愛心理戦の要素が強まった。互いに向こうがその気ながらいいというハッキリしない態度をしている。モテたいとの思いと女賞金稼ぎとの恋愛心理戦が同時にあるのでキャラクターがぶれてしまった。全くモテない人物が格好つけるから面白い。女賞金稼ぎも恋愛心理戦の視点人物になっている。
第3巻(2018年)には名言が登場する。「お前は値段の高さがものの良さだと思っているのか」「高級品を身に着けふんぞり返ってみろ、それこそ品格が疑われる」。価格と品質は比例しない。価格信仰の拝金主義への痛烈な批判になる。

テーマ : 感想
ジャンル : アニメ・コミック

#双亡亭壊すべし 工事妨害にカタルシス

藤田和日郎『双亡亭壊すべし』(小学館)はホラー漫画。週刊少年サンデー連載作品。双亡亭という古くからある屋敷を壊すことを目指す。東京都沼半井町に佇む屋敷・双亡亭は大正時代より存在し、幽霊屋敷として噂されていた。中に入った人はとりつかれてしまう。警察官も入っているが、失敗している。

破壊を目指す物語であるが、むしろ簡単に破壊されないことを期待する。日本の建築不動産業界は安直にスクラップアンドビルドを繰り返してきた。暴力的な地上げも行われてきた。それ故に屋敷を破壊しようとする人々が返り討ちにあう展開を期待したくなる。そもそも壊さなければならない理由が分からない。封印する方が良いのではないか。現状では破壊しようとして逆に被害を出している。土建国家の救い難い業を感じる。

同じ週刊少年サンデーには『GS美神 極楽大作戦!!』という連載作品があった。バブル経済の残り香を感じる作品で、不動産業者らの依頼を受け、開発の妨げになる不動産にとりついた霊を祓っていた。霊を祓う側が主人公側という構図は同じであるが、『極楽大作戦』では簡単に倒される敵であったものが、本作品では強敵である。開発至上主義が批判され、開発に対する感覚が変わってきていることを感じさせる。

双亡亭に突入した霊能者達は自らの肖像画に取り込まれてしまう(『双亡亭壊すべし 3』)。取り込まれた人々はトラウマに抉られていく。ここで凧葉務が主人公らしい活躍をしている。

作者の男性主人公は力押しタイプのイメージが強いが、そうではないタイプのキャラクターである。凧葉務は特別な能力を持っておらず、ストーリーテラーと思っていた。『からくりサーカス』でも守られるばかりの少年が後に活躍した。

続きを読む

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

東急リバブル東急不動産不買運動

Author:東急リバブル東急不動産不買運動
東急不動産東急リバブル不買運動
だまし売り 不正 HAYARIKI 欠陥
ブログ Blog BLOG 被害 宣言 偽装 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク