日本安全保障・危機管理学会がクライシスマネージャー養成講座

日本安全保障・危機管理学会がクライシスマネージャー養成講座 林田力
 学術社団「日本安全保障・危機管理学会」(JSSC)は2009年7月10日に第1回クライシスマネージャー養成講座を金沢工業大学大学院・虎ノ門キャンパスで開講した。クライシスマネージャーの任務は「起こさない」ための基盤作りから、被害の復旧までを対象とし、多岐にわたる危機を総合的に管理する組織リーダーのための養成講座となっている。
 養成講座は3日間で、1日目は以下の5講座が講義された。
・危機管理総論…講師:古市達郎(金沢工業大学教授)
・安全保障・危機管理における組織の役割…講師:矢野義昭(一橋総合研究所アドバイザー)
・危機管理における経営戦略の計画手法…講師:鬼塚隆志(元陸上自衛隊化学学校長)
・情報セキュリティ…講師:長谷川忠(情報保全アナリスト)
・海外における日系企業及び法人保護…講師:古市達郎(金沢工業大学教授)
東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った
東急不動産だまし売り裁判
スポンサーサイト

テーマ : 東急リバブル東急不動産不買運動
ジャンル : 政治・経済

北芝健が「悲しい告白劇ジョー」に出演

林田力記者悲しい告白劇ジョー」自慢気のないトリビア
コンセプトは「トリビアの泉」に類似するが、決して二番煎じではない。「トリビアの泉」が明日人に教えたくなるような雑学・知識を紹介するのに対し、「悲しい告白劇ジョー」は聞きたくないような情けない告白が中心である。ここには博識をひけらかすような自慢気な要素はない。それ故に視聴者は楽しんでみることができる。
告白者は企業(ケンタッキー・フライドチキン)、キャラクター(『ルパン三世』の銭形警部)、歴史上の人物(サド侯爵)とバラエティに富む。また、元警視庁刑事の北芝健氏が警察の実態を説明する一方で、熱帯魚飼育が趣味という保阪尚希氏がピラニアの習性を明らかにするなど、趣味の世界から職務経験に裏打ちされた内容までバランスが取れている。特に北芝氏の告白は多くの刑事ドラマを否定しかねない衝撃的な内容であった。反対にフィクションだからと思われた刑事ドラマの設定が現実の刑事も行っているとの指摘もあり、意外性を楽しめた。
http://d.hatena.ne.jp/tokyufubai/20090617

テーマ : 東急リバブル東急不動産不買運動
ジャンル : 政治・経済

北芝健の空手道場・修道館で無料体験3

立ち方の次は打撃の練習である。中段(相手の胸部)への正拳突きを行った。正拳突きは単に前面にパンチを繰り出すこととは似て非なるものである。引き手(突く側の腕)を脇の下まで引き、腰の回転を利用しながら前に突き出す。また、拳も脇の下まで引いているときは手の甲が下で、相手にヒットさせる直前に手の甲を上部に回転させる。腰と拳の回転力を加えた打撃である。引き手や腰使い、足の踏ん張り、後背筋の締め、手の握りが正しくできて威力を発揮する。
正拳突きは空手の基本的なテクニックであり、殴る時に使用する部位(筋肉、骨)を鍛える鍛錬法でもある。この稽古を積み重ねることが突きの強化につながる。記者は前に突き出す際に一緒に上体も突き出してしまい、前屈みになってしまう傾向があった。これは実戦ではカウンターを受けやすいという問題がある。鍛錬を繰り返して正しい姿勢を身体に覚えさせることが必要である。
稽古は上級者による組手で終わった。空手は瞬間的な闘いという印象が強いが、実際はかなりの持久力が求められる。基礎を繰り返す鍛錬の重要性を実感した無料体験であった。

テーマ : 東急リバブル東急不動産不買運動
ジャンル : 政治・経済

北芝健の空手道場・修道館で無料体験2

最初に記者が習ったのは基本中の基本である立ち方である。最初に左右の爪先と踵を合わせた「閉足立ち」から入り、そこから爪先を外側に45度に開いた「結び立ち」になる。さらに踵を肩幅程度に開いた「外八字立ち」で自然体となる。そして片足を前に出す「三戦立ち」(さんちんだち)によって、防御の安定性を保つ。さらに前膝に体重を傾けた「前屈立ち」(ぜんくつだち)よって、より戦闘に即した体制になる。
三戦立ちと前屈立ちは前に出す足によって、それぞれ右三戦立ち・左三戦立ち、右前屈立ち・左前屈立ちと呼ばれる。これらの立ち方は一連の所作として流れるように行うことが目標である。道場には壁面に鏡があるため、自分の姿勢を確認しながら練習できる。簡単そうであるが、意外と難しい。全部を覚えられなくても、一つでも身につけるというのが指導者の方針であった。

テーマ : 東急リバブル東急不動産不買運動
ジャンル : 政治・経済

(林田力記者)テロとの戦いの現実を描く

(林田力記者)テロとの戦いの現実を描くフランス映画
 フランスのスパイ映画『シークレット・ディフェンス SECRET DEFENSE』が2009年3月14日にTOHOシネマズ六本木ヒルズにて上映された。フランス映画の振興を目的とする団体・ユニフランスが主催する、フランス映画祭2009の中での上映である。
 上映終了後にはフィリップ・ハイム監督と主演女優のヴァヒナ・ジョカンテさん、日本人ゲストとして犯罪学者の北芝健氏を迎えての豪華トークショーも行われた。また、映画祭に合わせてヒルズカフェを改装したフレンチシネマカフェではハイム監督やジョカンテさんのサイン会も行われた。
http://d.hatena.ne.jp/tokyufubai/20090330

テーマ : 東急リバブル東急不動産不買運動
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

東急不動産東急リバブル不買

Author:東急不動産東急リバブル不買
東急不動産東急リバブル不買運動
だまし売り 不正 HAYARIKI 欠陥
ブログ Blog BLOG 被害 宣言 偽装 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク