FC2ブログ

アルス横浜台町、東急コミュニティー解約

アルス横浜台町では、管理会社を「全く無能で費用の高い東急コミュニティ」から別の業者に変えたところ、管理組合は年間約200万円の削減ができた。東急コミュニティーは計算ミスのある報告書を提出するなど、不満が高かったという。

東急コミュニティーの高額管理費(品川区)
東急コミュニティーは最高の管理会社と言われることがある。管理費委託費が最も高いという意味である。東急コミュニティーに管理を委託しているマンション管理組合の理事長が他社に見積もりを依頼したところ、東急コミュニティーよりもはるかに安い金額を提示された(ブログ「マンション管理組合日記」)。これは東京都品川区にあるマンションである(総戸数:44戸、竣工年月:昭和57年8月、敷地面積:467平米、延床面積:2,304平米、鉄骨鉄筋コンクリート造、地上11階)。
東急コミュニティーの管理委託費月額は426,405円である。これに対し、同一仕様の見積もり金額(月額、税込み)はユニオンシティサービス株式会社258,294円、ナイスコミュニティー株式会社339,192円、日本ハウズイング株式会社314,895円であった。値下げ幅は月額で168,111円から87,213円までである。東急コミュニティーの61-80%の金額で受託することになる。年間では2,017,332円から1,046,556円ものコスト削減になる。しかも日本ハウズイング担当者は「清掃状態も今より良くなる」と説明する。

テーマ : 東急リバブル東急不動産不買運動
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

東急リバブル東急不動産不買運動

Author:東急リバブル東急不動産不買運動
東急不動産東急リバブル不買運動
だまし売り 不正 HAYARIKI 欠陥
ブログ Blog BLOG 被害 宣言 偽装 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク