井口寛二法律事務所の天下り問題紹介

「随意契約 - 奥村勉の言いたい放題」で井口寛二法律事務所の天下り・随意契約問題が取り上げられた。井口寛二法律事務所は緑資源機構官製談合で腐敗が明らかになった農林水産省から天下り官僚(高木賢・元食糧庁長官)を受け入れた後、農林水産省から法律顧問契約を随意契約で受注した。
農林水産省が井口寛二法律事務所との随意契約の理由を「契約の性質又は目的が競争を許さないため」としておきながら、点検結果を「見直しの余地あり」とし、平成19年度から公募を実施するとしたことを奥村氏は「舌の根もかわかぬ」と表現する。
奥村氏は「所轄事務に関する法律顧問を決める場合、弁護士会に依頼して複数の弁護士を推薦していただいたうえで選定(見積書吟味)するのが一般的」と説明した上で、「随意契約は 「やむを得ない場合に限る」 と規定されているのに、役所は、屁理屈たれて「オンブにダッコ」の唾付け指名を常習化させている」と批判する。最後に「唾付け弁護士が横行するなら公共事務の公正を損ないかねない」とまとめている。
http://trydieoi.blog106.fc2.com/blog-entry-8.html
http://plaza.rakuten.co.jp/welshcorgi/diary/200705300001
http://pqilrlsllqmw.jugem.jp/?eid=16

スポンサーサイト

テーマ : 東急リバブル東急不動産不買運動
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

東急不動産東急リバブル不買

Author:東急不動産東急リバブル不買
東急不動産東急リバブル不買運動
だまし売り 不正 HAYARIKI 欠陥
ブログ Blog BLOG 被害 宣言 偽装 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク