マンション建設反対運動は開発許可で争うべきだ

林田力「マンション建設反対運動は開発許可で争うべきだ」オーマイニュース2007年12月20日
東急不動産らを建築主とする高層マンション「ブランズシティ守谷」の建築紛争を報告した。
 ブランズシティ守谷(30階建て)は低層1戸建てを中心とする、ひがし野の町並みを損なうと主張する。
 住民の声に耳を傾けるどころか、十分な説明を行わずに、工事を強行する東急不動産の非常識さを訴えた。
 「東急不動産は、工事協定を締結しようとせず、土日祝祭日も含め、午前7時30分から午後7時まで工事を続けている。土日は休む住民が多いが、工事の騒音や振動で休むこともままならない」
 これには、会場から驚きと同情の声が上がった。
http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/2007/12/post_10c4.html
スポンサーサイト

テーマ : 東急リバブル東急不動産不買運動
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

東急不動産東急リバブル不買

Author:東急不動産東急リバブル不買
東急不動産東急リバブル不買運動
だまし売り 不正 HAYARIKI 欠陥
ブログ Blog BLOG 被害 宣言 偽装 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク