司法試験にマンション建設反対運動が登場

司法試験にマンション建設反対運動が登場」ツカサネット新聞
弁護士は弱者の見方であり、社会正義を実現する専門家であることが期待されている。ところが実際には社会正義を蔑ろにし、依頼人の利益しか考えない不誠実な弁護士が跋扈している。それ故に司法試験の内容についても色々と議論されている。この意味で不動産業者の横暴から地域住民の生活を守るために戦うことは、あるべき弁護士像に相応しいものである。それを司法試験の問題にしたことは高く評価できる。
記者は大手不動産業者から不利益事実(隣地建て替えなど)を隠して問題物件をだまし売りされ、裁判で売買代金を取り戻した経験がある。司法の場では建築・不動産問題の特殊性・専門性を持ち出して業者に都合の良い解決を押し付ける傾向が皆無ではない。この経験があるため、司法試験でマンション建設反対運動を取り上げたことを心から歓迎する。
http://d.hatena.ne.jp/tokyufubai/20090530
スポンサーサイト

テーマ : 東急リバブル東急不動産不買運動
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

東急不動産東急リバブル不買

Author:東急不動産東急リバブル不買
東急不動産東急リバブル不買運動
だまし売り 不正 HAYARIKI 欠陥
ブログ Blog BLOG 被害 宣言 偽装 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク