東急不買運動は消費者運動の本道

東急不動産消費者契約法違反訴訟アルス東陽町301号室事件のような東急リバブル東急不動産のだまし売りは許されない。悪徳不動産業者が地上げブローカーを雇って消費者に圧力を加えることは論外である。問題物件の不動産売買契約取り消しを求める消費者の権利は保障されるべきである。ここにこそ消費者運動の本道がある。
東急リバブル東急不動産不買運動家は東急リバブル東急不動産の圧迫に屈しない。自らの利益のために貧しき多くの人々を犠牲にすることはない。己の理想を捨てたならば、後は死人と同じになる。否、もっと悪い。東急リバブル東急不動産と戦った東急不動産消費者契約法違反訴訟原告と比べるほどに、その生は汚らわしく、卑しいばかりだからである。
東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った
(2009/07/18)
林田 力

商品詳細を見る
東急不動産(販売代理・東急リバブル)から不利益事実を隠して問題物件をだまし売りされた著者(=原告)が消費者契約法に基づき売買契約を取り消し、裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟、東京地裁平成18年8月30日判決、平成17年(ワ)3018号)で売買代金を取り戻した闘いの記録。
裁判における当事者と裁判官の緊迫するやり取りを丹念に再現
個人が不誠実な大企業を相手に闘うドラマがある!
裁判と並行して明らかになった耐震強度偽装事件の余波や欠陥施工、管理会社・東急コミュニティーの杜撰な管理にも言及し、深刻化を増すマンション問題の現実を明らかにする。


スポンサーサイト

テーマ : 東急リバブル東急不動産不買運動
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

東急不動産東急リバブル不買

Author:東急不動産東急リバブル不買
東急不動産東急リバブル不買運動
だまし売り 不正 HAYARIKI 欠陥
ブログ Blog BLOG 被害 宣言 偽装 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク