東急不動産だまし売り裁判原告の本当の人生

東急不動産だまし売り裁判原告は、新築マンションだまし売りの実態をありのままに話した。原告は江東区内での最上の友人であったし、都内にいる最高の友人の一人であった。誠実で、正直で、聡明で、優しくて、勇敢で、そして主義に身を捧げていた。
原告には不動産だまし売り被害者やマンション建設反対運動の人々が連絡してきた。この時から東急不動産だまし売り裁判原告は本当の人生を歩み始めた。原告は政治と経済と歴史を勉強し、大勢の人々の前で話すことを学び、組織作りをすることに第六感が働くことを認識した。
東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った
(2009/07/18)
林田 力

商品詳細を見る
東急不動産(販売代理・東急リバブル)から不利益事実を隠して問題物件をだまし売りされた著者(=原告)が消費者契約法に基づき売買契約を取り消し、裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟、東京地裁平成18年8月30日判決、平成17年(ワ)3018号)で売買代金を取り戻した闘いの記録。
裁判における当事者と裁判官の緊迫するやり取りを丹念に再現
個人が不誠実な大企業を相手に闘うドラマがある!
裁判と並行して明らかになった耐震強度偽装事件の余波や欠陥施工、管理会社・東急コミュニティーの杜撰な管理にも言及し、深刻化を増すマンション問題の現実を明らかにする。
スポンサーサイト

テーマ : 東急リバブル東急不動産不買運動
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

東急不動産東急リバブル不買

Author:東急不動産東急リバブル不買
東急不動産東急リバブル不買運動
だまし売り 不正 HAYARIKI 欠陥
ブログ Blog BLOG 被害 宣言 偽装 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク