FC2ブログ

ブランズ本郷台と横浜レジデンス

ブランズ本郷台建設地は新築マンション「横浜レジデンス」に隣接しており、横浜レジデンス住人はブランズ本郷台建設により、多大な影響を受ける。窓からの目の前の景色が東急不動産のグロテスクなマンションになる住戸もある。
しかし横浜レジデンス購入者がブランズ本郷台計画を聞かされたのは契約後であった。怒るのは当然である。しかも東急不動産は横浜レジデンス購入者を地域住民向けの建設説明会(2006年3月)に参加させなかった。説明会開催時点で横浜レジデンスの引渡しはなされておらず、横浜レジデンスの購入予定者は地域住民ではなかったためと東急不動産は説明する。
横浜レジデンス購入者は東急不動産と横浜レジデンス関連業者との関係に不審の目を向ける。横浜レジデンスはオリックス・リアルエステート株式会社が建築主、販売会社は株式会社興大、設計は株式会社アーキフォルム、施工は安藤建設株式会社である。横浜レジデンスとブランズ本郷台は設計会社と施工会社が同一である。全ての業者がグルになっており、建設計画を知っていながら横浜レジデンス購入者には隠したのではないか、との声も購入者から出ている。

スポンサーサイト



テーマ : 東急リバブル東急不動産不買運動
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東急リバブル東急不動産不買運動

Author:東急リバブル東急不動産不買運動
東急不動産東急リバブル不買運動
だまし売り 不正 HAYARIKI 欠陥
ブログ Blog BLOG 被害 宣言 偽装 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク