FC2ブログ

東急不動産「ブランズ本郷台」に違法建築の指摘

東急不動産のマンション「ブランズ本郷台」(横浜市栄区小菅ヶ谷三丁目)に違法建築の指摘がされた。販売代理は東急リバブル、企画はラン株式会社一級建築士事務所、設計は株式会社アーキフォルム、施工は安藤建設株式会社である。管理会社は東急コミュニティーを予定する。竣工は2007年8月上旬予定とする。ブランズ本郷台の旧称は「(仮称)栄区小菅ヶ谷3丁目計画」である。地域住民からは東急不動産の三角地帯マンションと呼ばれている。
ブランズ本郷台は平均地盤・北側斜線について違反が指摘された。東急不動産の計画では平均地盤を操作して、法律が許す20m以上の建物を建てようとしていた。東急不動産側は平均地盤を使って建築の正当性を説明するが、その数値に関して説明しようとはしない。説明できないような数値を使うのは詐欺である。東急不動産は横浜市役所からも平均地盤は一番低い部分を取るようにとの指導を受けた(東急不動産他「(仮称)栄区小菅ヶ谷3丁目計画 質疑に対するご回答」2006年8月11日)。
また、ブランズ本郷台の計画書では駐車場の入口を、電車の高架のぎりぎりに設けており、安全上重要な見通しや音による警告が十分に確保できないことが予想される。
東急不動産は事業主であるが、「近隣の皆様との窓口はラン株式会社が担当しております」として近隣住民に向かい合おうともしない(東急不動産他「(仮称)栄区小菅ヶ谷3丁目計画 質疑に対するご回答」2006年5月18日)。逃げの姿勢が明白である。
スポンサーサイト



テーマ : 東急リバブル東急不動産不買運動
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東急リバブル東急不動産不買運動

Author:東急リバブル東急不動産不買運動
東急不動産東急リバブル不買運動
だまし売り 不正 HAYARIKI 欠陥
ブログ Blog BLOG 被害 宣言 偽装 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク