FC2ブログ

遺言 桶川ストーカー殺人事件の深層 #警察不祥事

清水潔『遺言 桶川ストーカー殺人事件の深層』(新潮社、2000年)は埼玉県警の不祥事である桶川ストーカー殺人事件の真相を明らかにした書籍である。埼玉県の桶川駅前で1999年10月26日、女子大生が殺された。週刊誌記者の著者は被害者の遺した言葉を頼りに取材を続け、警察より先に犯人に辿りつく。ジャーナリズムの存在意義を感じる仕事である。
この事件はストーカー規制法成立の端緒となった。しかし、典型的な個人によるストーカー犯罪とは様相が異なる。集団的な嫌がらせ、攻撃である。後に社会問題になる半グレ集団の犯罪に重なる。当時は半グレという言葉はなかったが、今から振り返れば半グレの問題である。逆恨みした半グレが個人を攻撃した問題と捉え直すべきではないか。そのような典型的なストーカー犯罪と異なる半グレ犯罪に対応できているか。恋愛以外でも逆恨みした半グレが恨みを晴らすために個人を攻撃することはある。
埼玉県警は執拗なストーカー行為に全く動こうとしなかった。埼玉県警は半グレの味方ではないかと思わせる対応であった。この事件は民事不介入を金科玉条にした警察の消極主義が批判される傾向にあるが、戦前の警察国家の反省は重要である。批判されるべきは半グレの味方をするような埼玉県警のスタンスではないか。
この半グレへの甘さは大阪府警富田林署逃走事件とも重なる。富田林署逃走事件では容疑者が「要注意人物」とされていたにもかかわらず、逃走を許した(「「要注意」も監視届かず=重ねた不手際、見直し急務―容疑者逃走・大阪府警」時事通信2018年9月30日)。警察は半グレ的な存在に甘いのではないか。
このような事件があると管理や監視の強化が主張されがちである。しかし、日本の勾留の運用には様々な人権侵害があると指摘される。勾留の管理や監視を一般的な強化は警察による人権侵害を増やす危険がある。半グレへの甘さをピンポイントで止めれば良い話である。
逃走容疑者は警備員によって捕まえられた。治安維持も公務員の警察官よりも民間に任せた方が上手くいくのではないか。岐阜県警加茂署の巡査長がプールで女性に痴漢してプール監視員に取り押さえられた事件もある。
また、警察が懇意の前科者の言い分だけを聞く、不公正な運用をしているのではないかという不信もある。「Sと呼ばれる捜査協力者は実は前科者」との話がある(小川泰平『警察の裏側』文庫ぎんが堂、2013年)。『相棒season17』第4話「バクハン」では刑事が自分のネタ元の犯罪を見逃している。単純にストーカー規制を強めれば解決する話ではない。
女性警察官が暴力団員の恋人に情報を漏えいした事件も起きた。昼間は警察官、夜は準構成員状態である。この事件をフジテレビ系『バイキング』が2018年4月3日に特集した。元暴力団組長の竹垣悟氏がゲスト出演し、暴力団とつながっている警察官が罪の見逃しをすることが沢山あったと話した。
清水潔『桶川ストーカー殺人事件 遺言』(新潮文庫、2004年)は本書の文庫版である。文庫版は埼玉県さいたま市浦和区の須原屋で2018年8月にポップ広告でプッシュされていた。埼玉県警の不祥事であり、埼玉県民ならば読むべしと。読んでいて埼玉県警の傲慢さや責任逃れ体質に腹が立って仕方がない書籍である。精神衛生上良くないが、埼玉県民は知る必要がある。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東急リバブル東急不動産不買運動

Author:東急リバブル東急不動産不買運動
東急不動産東急リバブル不買運動
だまし売り 不正 HAYARIKI 欠陥
ブログ Blog BLOG 被害 宣言 偽装 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク