FC2ブログ

#相棒 #aibou シャブ山シャブ子

『相棒season17』第4話「バクハン」が2018年11月7日に放送された。裏カジノの摘発を巡り、杉下右京(水谷豊)と、暇課長でお馴染みの組織犯罪対策第5課長・角田六郎(山西惇)が対立する。捜査情報を流す不良刑事を杉下右京が追及する。福岡金塊盗難事件の捜査情報漏洩の警察不祥事がある中でタイムリーである。告発する側も癒着しており、ヤクザよりも半グレが悪どいという予想を裏切る展開であった。
この不良刑事は、右京に親身だった暇課長が擁護している。右京だから追及できたが、普通の組織人には容易ではない。民間企業でも銀行出身の役員によって長年の架空売り上げを追及できたという話がある。警察も組織外の民間人を要職に据えないと自浄できないだろう。
この回は「シャブ山シャブ子」演出が話題になった。依存性薬物が人格を破壊する恐ろしさを描く。それが犯罪組織に利用される。薬物犯罪を被害者のない犯罪と見る見解があるが、依存性薬物は周囲に実害を及ぼす。
「シャブ山シャブ子」を名乗る女性の取り調べシーンが視聴率最高値16.2%となった。「シャブ山シャブ子」はTwitterのトレンドになりました。演じた江藤あやさんは「薬物中毒の役をやるにあたっては、「振り切った役をやりたかった」と役づくりに時間をかけ、精神科医に取材し、ネットなどで調べたという」(「描写が物議も…相棒“シャブ山シャブ子”怪演の江藤あやって?」日刊ゲンダイDIGITAL 2018年11月13日)。
この演出には批判もある。「あんな覚せい剤依存症患者はいません。危険ドラッグやある種の幻覚薬を一緒に使用した場合、あるいは、他の精神障害を合併する複雑なケースならいざ知らず、少なくとも覚せい剤だけの影響でああいった状態を呈するのはまれです」(松本俊彦「「シャブ山シャブ子」を信じてはいけない」プレジデントオンライン 2018年11月12日)
しかし、今日では薬物問題は覚せい剤以上に危険ドラッグが問題視されている。危険ドラッグを使用した場合に起こりうるものならば十分に啓発的な効果がある。記事は薬物依存症患者への偏見の助長を懸念するが、ドラマでは犯罪組織が薬物依存症患者を暗殺者に利用する怖さを描いた。
薬物の恐ろしさを描く好演出である。シャブ山シャブ子に殺人を行わせた犯罪組織が背後に存在することは明らかで、薬物依存症患者よりも、薬物密売組織への反感を抱かせる演出である。問題にすべきは薬物使用者よりも、薬物を扱う組織である。そこは視聴者に伝わっているだろう。
子どもの頃には「覚せい剤やりますか、人間止めますか」という啓発があった。薬物に手を出してはいけないという健全な倫理観を養うものである。そのような啓発も物議を醸すことになる。逆に現代では、そのような直接的な啓発をしなくなったから、危険ドラッグが蔓延することになったのではないか。頑張って更生したことを偉いとするような風潮は疑問である。普通は、そもそも手を出さない。依存性薬物は堕落の象徴である。依存性薬物を禁止することで風俗の乱れを正し、社会の活性化がなされる。
スポンサーサイト



テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東急リバブル東急不動産不買運動

Author:東急リバブル東急不動産不買運動
東急不動産東急リバブル不買運動
だまし売り 不正 HAYARIKI 欠陥
ブログ Blog BLOG 被害 宣言 偽装 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク