11/15のツイートまとめ

hayariki

住環境破壊・騒音・振動のFJネクスト・ガーラ木場新築工事の杭工事。2015年10­月31日土曜日の8時半からの騒音・振動です。FJネクスト(株式会社エフ・ジェー・ネクスト、FJ Next Co., Ltd.... https://t.co/mSxOjtcThi
11-15 15:37

赤羽橋のガーラ・プレシャス東麻布や江東区東陽のガーラ木場は住環境を破壊する(林田­力『FJネクスト反対運動』Amazon... https://t.co/pToyyozFDP
11-15 15:02

📹 (https://t.co/ERrACG7cmPから) FJネクスト(株式会社エフ・ジェー・ネクスト、FJ Next Co., Ltd.... https://t.co/IdLBbzYeTM
11-15 14:23

医療水準に反して延命措置が打ち切られたことにより、被害者が明示に拒否しない限り通常存する、適切な治療を受ける期待権が侵害されれば、加害者側が意図的に死期を早めたか否かに拘わらず、期待権侵害として損害賠償請求の対象となる
11-15 14:17

要するに、本件は、自力呼吸の出来ない患者に対して人工呼吸器を付けるか否かという通常の延命措置の問題とは異なる、という点が本件の特殊性である。
11-15 14:16

9月3日以降の当直時間帯のみの酸素マスクによる酸素吸入が、一般的な医療水準に照らして適切でなく、そのことを被告病院が分かっていたのであれば、意図的に死期を早めたことになり、被告病院の言う「殺人」の類型にあたる。
11-15 14:16

自力呼吸が出来たのであり、それを補助する酸素マスクはたしかに「通常意識される主要な延命措置」ではない。
11-15 14:16

酸素マスクを付ければ自力呼吸ができる場合には、それを付けないことは、不作為の殺人であり、人工呼吸器を取り外す場合と大差ない
11-15 14:16

その状況には、酸素マスクによる酸素吸入がなされない場合と人工呼吸器の取り外しの場合とで大差はない。
11-15 14:15

原告は、射水市民病院における人工呼吸器の取り外し事例を引用しているが、その趣旨は「人間息ができないことほど苦しい状況はない。」ということである。
11-15 14:15

9月3日の酸素マスクによる酸素吸入の拒否は、「患者の尊厳を害し、苦痛を与えるものである濃厚医療」の拒否とまでは言えない。
11-15 14:14

FJネクスト・ガーラ木場マンション建設反対11/14 11時 https://t.co/BotjPI4jLp @YouTubeさんから
11-15 14:14

林田力 ステーキのくいしんぼ・立正佼成会付属佼成病院・過労自殺 https://t.co/HuRUAgSfA2
11-15 14:14

https://t.co/AfeFV03U27 被告病院は胃瘻の設置を経ての転院をも展望していたのであるから、8月20日の段階では、それが「何ら根本的な生還に繋がらない行為」とは言えず、「死期が間近に迫り、回復の見込みのない」状態になってから拒否されたものではない
11-15 14:13

立正佼成会附属佼成病院裁判傍聴の呼びかけ https://t.co/FtpXPFJmSD 被告病院は「患者の尊厳を害し、苦痛を与えるものである濃厚医療の実施」を云々するが、何をもって『濃厚医療』と主張しているのかは不明である。
11-15 14:13

立正佼成会附属佼成病院裁判 https://t.co/KD3lq9KgWM 原告は、被告内山が延命治療を拒否していたことについては、9月7日の拒否以外については全く知らなかったのである。
11-15 14:12

高齢者医療治療拒否・中止裁判 https://t.co/PTVPb4jn9Z 原告自身は延命治療について9月7日の不十分な「説明」以外、何の説明も受けていないから「自身の異議を唱えないという選択」はしていない
11-15 14:12

立正佼成会附属佼成病院裁判・第1回口頭弁論 https://t.co/66A1pzxvQE 医師からは、酸素吸入を行わないことについて十分な説明がなく、原告が疑問を提示する間もないうちに医師は立ち去ったのである。
11-15 14:11

立正佼成会附属佼成病院裁判・第2回口頭弁論 https://t.co/C9yDdQyV0U 胃瘻設置のための説明や説得を行わなかった点にも、被告病院の義務違反があると言うべきである。
11-15 14:11

立正佼成会附属佼成病院裁判・第3回口頭弁論 https://t.co/3eNgNKH6QO 8月21日に経管栄養に戻したところ、同日と22日に嘔吐をしたため、22日より経管栄養を取りやめたのであり、その後の身体衰弱に繋がっていく。
11-15 14:10

立正佼成会附属佼成病院裁判・第4回口頭弁論 https://t.co/CcqoGPm17T 8月6日の時点で、胃瘻は単なる生命維持の措置ではなく、延命治療の範囲にとどまらない治療そのものだった。
11-15 14:10

立正佼成会附属佼成病院裁判・第5回口頭弁論 https://t.co/Up5HtYxmtR 患者がリスクの高い治療法を選択した以上、それにより発生した事故につき医師・医療機関が免責されるなどという主張は、暴論という他ない。
11-15 14:09

立正佼成会附属佼成病院裁判・第6回口頭弁論 https://t.co/JmHZEZRYLI 医師・医療機関は、患者が選択した治療法において想定されるリスクに応じた注意義務を尽くすべき事は当然のことである。
11-15 14:09

立正佼成会附属佼成病院裁判 https://t.co/smYmMXBF1i 副作用等のリスクを踏まえ、複数ある治療法のうちいずれを選択するかは、原則として患者の自由である。
11-15 14:09

被告病院は、被告を家族代表だと認識しており、原告には何の説明もされていないから、原告は選択をしていない。
11-15 14:08

被告病院は「本件患者本人の最も快復した時期においてもなお、延命治療の内容とその選択について意思決定を行うことには無理がある。」と主張する。しかし、どうして無理なのかは、全く不明である。
11-15 14:08

胃瘻設置を行わなかったことを原告の選択の責任とする誤り問題は、上記事実経過に基づく被告病院の主張である。
11-15 14:07

被告らは、8月20日に延命治療を拒否した事実を否定しており、被告病院の主張を前提とすれば、被告らは虚偽の主張をしていると考える他ない。
11-15 14:07

被告病院は、そのことに触れずに、問題を胃瘻設置についてだけとし、胃瘻設置は「死期が間近に迫り、回復の見込みのない患者について」行うものと描き出して、それを行わなかったことを殊更に止むを得ないものと描こうとしている
11-15 14:06

医師記録29枚目には「family(sun)は延命に繋がる治療を全て拒否」「現在Drで維持しているのも好ましく思っていないようである」と記載されている。
11-15 14:06

同人が8月20日に否定したのは、胃瘻設置についてだけではない。
11-15 14:06

被告病院の上記主張からも、だれが胃瘻設置を拒否したのかも明らかではない。よって、上記事実経過については認否を留保する。
11-15 14:05

胃瘻設置の「否定」について、医療記録のどこにそのような記載があるのか、あるいは医療記録ではなく担当医等の記憶に基づく主張なのかも不明
11-15 14:05

8月3日には、転院が展望できるほど状態が安定しているのであり、この場合の胃瘻は「死期が間近に迫り、回復の見込みのない患者」についての「生命維持」に留まるものではない。
11-15 14:04

今後のこと(転院)を考えると胃瘻のほうが良いと思うとして、家族で検討するように依頼している。
11-15 14:04

8月3日には状態が安定したため、胃瘻設置を考えるべき時期と判断している。そして8月6日、『長男にフォロアップCTと神経所見について説明。
11-15 14:04

被告病院は延命治療法について「その説明をおこない、その選択にしたがってきた」と主張するが、その根拠も証拠も不明である。@mosakuren
11-15 14:03

被告病院は、家族を集めて延命治療を行うか否かについて説明を行ったり質問を受けたりする機会を設定しなかったのであり、被告病院の義務違反は明白である。
11-15 14:03

治療方針についての説明を行う機会、質問を受ける機会が重要である。そうした機会を設定する義務は病院にある。
11-15 14:03

@sgssatoka_bot こちらこそよろしく
11-15 14:03

原告には、診療録からは全く見て取れない。
11-15 14:02

何の書面も作成されていない以上、被告病院が被告らに対しても十分な話し合いをしたと認める証拠はない。この点にも、被告病院の義務違反が認められる。
11-15 14:01

家族である原告に対してそうした十分な話し合いがなされていないことは、これまで述べてきた通りである。
11-15 14:01

ガイドラインには、被告病院も認める通り、「家族が患者の意思を推定できない場合には、患者にとって何が最善であるかについて家族と十分に話し合い、患者にとっての最善の治療方針をとることを基本とする。」との記載がある。
11-15 14:01

被告病院は「親族内での相談を求め、その結果が伝えられていると被告病院は認識している」と主張するが、その根拠も証拠も全く不明である。
11-15 14:00

「患者のfamilyに働きかけを行うことも、自己の意思表明を被告病院医師に行うことも、質問をすることも」全く出来なかったのである。
11-15 14:00

被告病院が原告に対して延命治療について説明をしたり、意思確認をした場合である。原告は、被告らと被告病院が延命治療について協議や合意をしていることは全く認識していなかった
11-15 14:00

被告病院には、原告を含め、当時頻繁に病院を訪れていた家族らから書面を得たり、口頭で確認することが可能であったが、被告病院はこれを行わなかったのであり、ここに被告病院の義務違反が認められる。
11-15 13:58

宣伝DM迷惑で~す!お互いフォロワー増やしましょう(^-^)フォローお願いしますm(>o<)m 先にフォローしてくれればフォロバします#フォローした人全員フォローする #なんかいいなと思ったらRT #RTしまくれ
11-15 13:58

合意内容を文書にまとめるべきである以上、文書の作成主体が家族の代表者か否かを確認するのは当然の前提である。
11-15 13:57

被告病院には、被告の意思表明が本当に家族を代表した者か確認調査する義務がある
11-15 13:57

推定相続人であり利益相反関係にあるのだから、一方とだけ被告病院が接触することは公平を欠くことになりかねない。
11-15 13:57

意思表明を行った家族が、本当に家族の代表なのかを相当の根拠をもって確認すべき義務が、患者の治療を行うという医療契約上の義務として病院にある
11-15 13:56

推定相続人であるような家族は、本人の生命に関するような判断では、本人と利益が相反することもあり、常に本人の意思についての最善の理解者とはいえない
11-15 13:55

同判例は、家族を介した他の家族への診断内容の告知についての判例であることは、原告の引用内容を一読すれば明らかである。
11-15 13:55

hayariki林田力 is out! https://t.co/8rmjeL61zJ Stories via @wadaino_2ch @matome_pokemon @gintatakamatu
11-15 13:54

患者が意思表明を行えず、家族が代わりに行う場合にも、合意内容を文書にまとめておくべきとの点は当然に当てはまる。ところが、本件では、そうした文書は一切作成されていない。
11-15 13:54

ガイドラインは「治療方針の決定に際し、患者と医療従事者とが十分な話し合いを行い、患者が意思決定を行い、その合意内容を文書にまとめておくものとする。」と定めている
11-15 13:53

被告病院は、被告らの意見が家族の意見を集約したものなのかについて、一般の医療水準と異なり、相当の根拠をもって確認していない。その点にも、被告病院の注意義務違反が認められるのである。
11-15 13:53

意思を全く確認していない点に被告病院の義務違反がある。
11-15 13:52

何ら意思確認せず、被告が本当に家族を代表しているのかを、被告病院が確認していないのに、その意見表明に基づき延命治療を行わなかった点が問題なのである。
11-15 13:52

被告病院は「延命治療の点について、・・・原告から意見を述べられた経緯は一度も無く、家族間の意見が集約されていたものとして認識しているものでしかない」と主張する
11-15 13:52

ガイドラインが、正に誰に意見を聞くべきか、その順序、注意点等を指針としてまとめられたものであることは認めるが、ガイドラインに記載されているのはそれのみではない。
11-15 13:51

#薬剤師 #市販薬 #フォローした人全員フォローする この医療水準を示すものとして、ガイドラインが存在すると主張しているのである。
11-15 13:51

最判平成7.6.9・民集49巻6号1499頁の引用も同様であり、医療水準とは、知見が当該医療機関と類似の特性を備えた医療機関に相当程度普及場合には、それが当該医療機関にとっての医療水準であることを原告は主張している。
11-15 13:50

原告は、これらの判例をもって、医師(医療機関)の注意義務違反の有無は、延命治療を行うべきか否かを含めて、診療当時の医療水準に照らして判断されることを主張している
11-15 13:50

被告病院は、原告が最判昭和44.2.6・民集23巻2号195頁および最判昭和57.3.30・判タ468号76頁を引用する理由を問うている
11-15 13:50

このような状態なのに、医師と家族が本人を抜きにして延命治療をどうするかを話し合ったとは到底考えられない。
11-15 13:49

お互いフォロワー増やしましょう(^-^)フォローお願いしますm(>o<)m#フォローした人全員フォローする #なんかいいなと思ったらRT #RTしまくれ
11-15 13:49

看護記録に拠れば、前日の6月28日には亡は「はい・・・ごはんですね」などと述べており、会話もできる状態であった。
11-15 13:48

6月29日の医師記録の翻訳には「嚥下順調」「排便まあまあ」「リハビリを開始してから嚥下障害のテストを行う。」と記載されており、この原告の記憶に合致している。
11-15 13:48

被告病院に開設されている「療養型病棟(ひかり病棟)」に入れることが決まった、と聞きひとまず安心していた。#フォローした人全員フォローする #なんかいいなと思ったらRT
11-15 13:48

病状の説明はあった。「非常に経過がよい」「7月からリハビリを始める」とのことであった。
11-15 13:46

6月18日の時点では、亡が延命治療の「意味を十分に理解できずに誘導に乗りやすい」というのであれば、亡が快復してきた7月の時点で延命治療について本人に説明すべきであったと言える。
11-15 13:46

被告病院は、仮にこの時点で延命治療について意思確認するのであれば、患者に対してこそ、延命治療の意味を十分に理解できるように説明して確認すべきであった。
11-15 13:45

「入院日2007年6月18日」、退院日(予定)として「2007年7月31日頃」と医師は診たてている。
11-15 13:44

#無償フォロ爆 Please https://t.co/z8PTUuUJpC
11-15 13:44

これは単に「本件患者の垣間見せた反応一般」という程度のものではない。
11-15 13:43

「しびれ訴えなし。呂律のまわりにくさないと訴えるも発語聞き取りにくさあり」と記載されており、発言もできる状態であった。
11-15 13:43

それがいつのことなのか、病院のどのような説明に対してなのか
11-15 13:42

延命治療については「初回に説明済みである」と主張するが、その証拠はなく、単に「重症患者として入院したケースであるから」ということによる推測を述べているに過ぎない。
11-15 13:41

医師が、そのように言ったのか否か、言ったとすれば、誰に対してどのような場面でどのような説明のもとに言ったのか問題なのである。
11-15 13:41

一般論として、「延命治療について考えておくようにと言う」こともある、という主張のようだが、それは意味のある主張とはならない。
11-15 13:40

被告病院指摘の記載があることは認めるが、本件は、医療記録一つをとっても、別件訴訟と証拠も異なり、主張の重点も異なるのであるから、被告病院指摘の別件訴訟の判示と本件とは別に考えるべきである。
11-15 13:40

相当因果関係があることは明らかであり、この点に関する被告病院の主張はいずれも失当である。
11-15 13:39

被告病院が主張するような他原因が、嘔吐、誤嚥性肺炎の原因となったことを示すような記録は、医療記録上見当たらない。
11-15 13:38

経管栄養の速度変更が嘔吐の原因となり、誤嚥性肺炎が発症したことが強く推認される
11-15 13:37

そのような他原因についての一般的可能性を踏まえても、経管栄養においては、流入速度等その実施方法を誤ると誤嚥性肺炎を引き起こす危険が極めて高い
11-15 13:35

およそ疾病につき、一般論として複数の原因が存在しうることは当然のことである。
11-15 13:35

一般論として誤嚥性肺炎の原因として、経管栄養の速度が不適切であること https://t.co/SZpTWZPT8C
11-15 13:35

唾液、鼻汁の肺内侵入、経鼻経管が鼻から胃に繋がっていることによる感染等、その他の原因があることから、経管栄養の速度を上げることにより一般的に誤嚥性肺炎が生じるという関係にはないと主張する。
11-15 13:34

したがって、単なる可能性を記載するなど考えられない。
11-15 13:34

「病歴要約」は、死亡後に、担当医が、死亡するにいたる経緯を要約して作成したものであり、単なるメモの類ではないはずである。
11-15 13:33

経過記録には、8月17日の欄に「誤嚥性肺炎のため、Drよりリハビリ休めの指示」と明記されているのであり、これは疑いの域を超えている。
11-15 13:33

「嘔吐→誤嚥性肺炎→敗血症→急性腎不全」という経過は、客観的に明らかであると主張した。
11-15 13:32

その時と、9月3日との間には僅かな日数しかないから、肺雑音がなかったため一旦肺炎は治まったと判断したとしたら、それは誤診という他ない。
11-15 13:31

3頁肺雑音が灰雑音になっています。
11-15 13:31

被告が主張する「肺炎の疑いを持った」時期はいつのことなのか、いつ肺雑音がなかったと判断したのか、その証拠は何か、も不明である。
11-15 13:30

被告病院は「肺炎の疑いを持ったが、肺雑音はなかった」と主張するが、経過記録には、8月17日の欄に「誤嚥性肺炎のため、Drよりリハビリ休めの指示」と明記されているのであり、疑いの域を超えている。
11-15 13:30

被告病院は「経管栄養の中止は、原因が分かるまで中止しているのであって」と記載しているが、何の原因なのか、経管栄養に戻したのは、原因が分かったということなのか、不明であり、認否反論できない。
11-15 13:29

被告の主張はこれに反しており、誤りである。
11-15 13:29

被告病院は「イレウス(腸閉塞)の確認はできておらず否定的であった」と主張する。しかし、医師記録には「腸閉塞所見が出現したので、8/22には中心静脈栄養を導入した」と記載されている
11-15 13:28

8月20日に点滴を断った行為の結果、被告病院は点滴をやめて経管栄養に戻したため、亡寿美に腸閉塞が出現したので、8月22日には中心静脈栄養を導入する
11-15 13:28

医師が看護師に対して何らの指示もしていなかったとすれば、当時の医療水準に照らし、重大な注意義務違反があるという他ない。
11-15 13:27

経管栄養においては、嘔吐、誤嚥性肺炎という、当該治療法においてもっとも典型的なリスクを回避するために、流入速度の管理の徹底は不可欠
11-15 13:27

流入速度について医師が看護師に何らの指示もせず、経管栄養の開始、終了時間の記録すらとっていなかったことを認めている。この点は極めて重要である。
11-15 13:27

食事箋においては、「メイバランス 1本」というような指示、すなわち栄養剤の種類と総量に関する指示しか記載されていない。
11-15 13:26

@mosakuren 被告病院が真実このような認識で亡寿美に対し経管栄養を実施していたのだとすれば、それこそ被告病院の注意義務違反を強く推認させる事実といえる。
11-15 13:26

トレンドです。#こいを一発変換して恋なら思春期#MTVStars#閃華お留守番同士お寿司食べませんか#UFC193コミティアカオスタイム不動明王#のど自慢#nitiasa青森山田 https://t.co/HUMvlI0ELk
11-15 13:25

流入速度が患者の容体に適した速度、すなわちその時点での患者の消化器の許容限度を超えれば嘔吐の危険が高くなることは明らかである。 https://t.co/OzFTRUDlC6
11-15 13:25

栄養剤の総量さえ変わらなければ嘔吐等のリスクが変わらないなどという主張は、医療機関としてあまりに常識に反する主張という他ない https://t.co/OzFTRUDlC6
11-15 13:24

2015年11月14日の林田力つぶやき: @hayachikara @mosakuren 東急不動産(販売代理:東急リバブル)から不利益事実を隠して新築マンションをだまし売りされました。訳あり物件をだまし売りする... https://t.co/kOZw82p6PJ
11-15 13:19

[11月14日]のつぶやきをまとめました ▶RTされたつぶやきは「GRAND GALA MONZENNAKACHO FJ NEXT Nuisance Call...」 https://t.co/yemEwOjQQX #gbrt
11-15 08:15

『2015年11月14日のつぶやき』林田力hayariki|https://t.co/ouXH2tDi6K
11-15 00:21

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東急不動産東急リバブル不買

Author:東急不動産東急リバブル不買
東急不動産東急リバブル不買運動
だまし売り 不正 HAYARIKI 欠陥
ブログ Blog BLOG 被害 宣言 偽装 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク