FC2ブログ

虫の入るトステムの欠陥網戸批判

トステムの網戸は虫が入る欠陥品と批判される。平成13年12月に新築した家の網戸である。横引き網戸の上下のジャバラの隙間から虫が入ってくる。1匹2匹ならまだしも、電気の周りに集まる集まる。街灯のようであるという。
施主は販売店に問い合わせしたが、販売店は「トステムが取り合ってくれない」と回答。そのため、施主は直接、メーカーのお客様相談センターに電話した(7月12日)。「7月15日の週に調査に伺う」と約束したが、7月22日に調査催促の電話を入れるまで、調査に来なかった。7月23日、調査に来たが、メーカーとして、欠陥ではないと返事する。
施主はトステムの保証書も批判する。トステムの保証書は「通常の取扱によって生じた品質不良・性能の低下によるもので、かつ当社が認定したもの」と記載する。即ちトステムが認めなければ、いかに酷い欠陥であっても、トステムはいかなる補償もしなくて済むようになっている。消費者にとっては全く価値のない紙屑にしかならない保証書である。
施主は以下のように抗議する。「私は、あえて、トステムの欠陥網戸を使い続けます。そして、訴え続けます。メーカーが取り合ってくれないのなら、そのようなメーカーは、お客様相談窓口を作らない方がいい。その窓口のおかげで、不愉快な思いをいているのですから」。トステムは「世間一般の悪質業者より、悪いのがこのような企業ですね」と酷評された。
「メーカーは、私に今回の件で、トステムとしての回答書を送付すると言っていましたが、期限をまた守りませんでした。トステムという会社が、いかにいい加減か、よーく思い知らされました。工務店は、今回の件で、トステム一本の仕入れを辞めたそうです。欠陥を対応しない会社(トステム)は、早く淘汰されることを願いたいと、思います。」
スポンサーサイト



テーマ : 東急リバブル東急不動産不買運動
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東急リバブル東急不動産不買運動

Author:東急リバブル東急不動産不買運動
東急不動産東急リバブル不買運動
だまし売り 不正 HAYARIKI 欠陥
ブログ Blog BLOG 被害 宣言 偽装 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク