東急不動産欠陥マンション被害者が「三交不動産はまだまし」

東急不動産欠陥マンション被害者は三交不動産の欠陥マンションに関連して「三交不動産はまだまし」と東急不動産の不誠実さを非難する。三交不動産が桑名で分譲した欠陥マンション問題は大きく報道されたが、東急不動産の欠陥マンション問題も深刻である。
東急不動産(販売代理:東急リバブル)の欠陥マンション「東急ドエルアルス」購入者は「東急不動産は、今でも「乾燥収縮だから問題なし」と瑕疵担保責任を認めていない」と憤る。当該物件は木内建設株式会社が施工した。東急不動産は別のマンション(アルス東陽町)でも一級建築士資格を持たない無資格者のアトラス設計・渡辺朋幸を構造設計者としている等、問題を抱えている。
http://tokyufubai.seesaa.net/article/50512368.html
http://www.geocities.jp/tokyu_als2007/
http://sweetsinfo.blog113.fc2.com/blog-entry-303.html
http://ku20.blog109.fc2.com/blog-entry-411.html
http://tonikakubook.jugem.jp/?eid=75
http://kaiyounews.blog115.fc2.com/blog-entry-6.html
スポンサーサイト

テーマ : 東急リバブル東急不動産不買運動
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東急不動産東急リバブル不買

Author:東急不動産東急リバブル不買
東急不動産東急リバブル不買運動
だまし売り 不正 HAYARIKI 欠陥
ブログ Blog BLOG 被害 宣言 偽装 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク