FC2ブログ

東急リバブル、アルス東陽町301号室広告の姑息

東急リバブル東陽町営業所が媒介するアルス東陽町301号室の媒介広告は姑息である。問題は東急リバブルの広告ウェブページに掲載された間取り図である。この間取り図の方位は、北を左、西を下としている。普通は北を上とするものである。しかし301号室ではベランダが西にあるため、西を下とすることで、「南は下にある」という先入観を持った消費者に好印象を与えようとする姑息な手を使用している。
東急リバブルは新築分譲時もアルス東陽町の販売代理をした。その際に購入検討者に配布した図面集でも各居室では常にベランダが下に来るように方位を設定していた。この点については東急不動産消費者契約法違反訴訟「各部屋の間取り図では全てバルコニーが下にくるようにしている。北が上で南が下という消費者の先入観を悪用した典型的な悪徳不動産業者の手口である。」と指摘された(甲第42号証「原告陳述書(二)」)。東急リバブルの姑息な体質は筋金入りであり、一貫している。
だまし売り被害者にも宗教勧誘の甘い声
「空気が読めない(KY)」考
スポンサーサイト



テーマ : 東急リバブル東急不動産不買運動
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東急リバブル東急不動産不買運動

Author:東急リバブル東急不動産不買運動
東急不動産東急リバブル不買運動
だまし売り 不正 HAYARIKI 欠陥
ブログ Blog BLOG 被害 宣言 偽装 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク