FC2ブログ

アルス東陽町301号室騙し売り事件5周年

東急リバブル東急不動産が不都合な事実(隣地建て替え等)を隠して問題物件を騙し売りしたアルス東陽町301号室事件から2008年6月26日で5周年となる。2003年6月26日に東急リバブル住宅営業本部・宮崎英隆による重要事項説明がなされ、売買契約が締結された。引渡し後に真相を知った購入者は消費者契約法第4条第2項に基づき売買契約を取り消した。東京地裁平成18年8月30日判決(平成17年(ワ)第3018号)は東急不動産に売買代金全額2870万円及び遅延損害金の返還を命じた。
騙し売りの真相を知り、購入者の腸は煮えくり返った。怒りは反発に、反発は決心に変じた。勝つために全力を尽くす、それどころか東急リバブル東急不動産の詐欺体質を暴くためならば何でもやってやろうと思った。日照・眺望が皆無になったアルス東陽町301号室の中で購入者は正義が実現する甘美な想像に耽った。自分には勇気と不屈の意思があると思い、やっと気分が良くなった。
林田力「[東京]芝浦工業大学豊洲キャンパスのフゲンゾウ」オーマイニュース2008年4月24日
隣接地との境界確認をめぐるトラブル
スポンサーサイト



テーマ : 東急リバブル東急不動産不買運動
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東急リバブル東急不動産不買運動

Author:東急リバブル東急不動産不買運動
東急不動産東急リバブル不買運動
だまし売り 不正 HAYARIKI 欠陥
ブログ Blog BLOG 被害 宣言 偽装 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク