FC2ブログ

(林田力記者)『科捜研 うそ発見の現場』

(林田力記者)『科捜研 うそ発見の現場』を読む~「先入観」くつがえすポリグラフ
 本書を読むと、あたかも真実であるかのように平然と嘘をつく人間がいることが分かる。著者が「犯人ではなさそう」との印象を受けた被疑者の多くが、ポリグラフ検査では特異反応を示している。そのような事例を特に集めたのかもしれないが、人は見かけだけで簡単に騙されてしまうことを意味している。
 私自身、売り主の東急不動産(販売代理:東急リバブル)から不利益事実を隠されてマンションを購入した経験がある。売買代金の返還を求めた裁判では被告の嘘を崩すことが大きな課題であった(参考:「マンション販売トラブルで「お詫び」 東急リバブル・東急不動産」)。「嘘をつくと顔に出るから分かる」というようなレベルの問題ではないことを、身をもって経験しているため、本書の内容は考えさせられた。
スポンサーサイト



テーマ : 東急リバブル東急不動産不買運動
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東急リバブル東急不動産不買運動

Author:東急リバブル東急不動産不買運動
東急不動産東急リバブル不買運動
だまし売り 不正 HAYARIKI 欠陥
ブログ Blog BLOG 被害 宣言 偽装 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク