FC2ブログ

五島昇と東急電鉄の斜陽

五島昇は昭和29年5月に37歳で東急電鉄社長に就任した。ワンマン創業者の父・強盗慶太の七光り人事であった。側近連中も五島を軽視していた。長男の昇は「遊び好きのボンボン」というイメージが強かったためである(「「ドンになり切れないプリンス」ケンカ嫌いがケンカの連続 財界世代交代劇の主役に」日経ビジネス1987年5月11日号)。
昇が遊び好きでダーティな連中とも交友があったことが後に東急グループが暴力団に乗っ取られそうになる遠因になっていると作家の北芝健氏も語る。社長就任後も1年のうち160日はゴルフ場通いであった。部下が禀議書に印をもらうためコースを走り回ることもあったという。
転機は慶太が死去した34年8月14日からである。創業者の死去によって東急王国は縮小・撤退の悪戦苦闘の日々の連続となる。部下の裏切り、造反、そして倒産の危機に見舞われた。昇は慶太の死後僅か10日で東洋精糖の仕手戦からの撤退を発表する。「東洋精糖における東急は、アルジェリア問題でのフランスみたいなもの」との台詞で帝国主義的な強盗慶太との違いをアピールしたが、ひ弱なインテリとのかげ口を叩かれた。
東急くろがね工業の倒産に絡み、1937年には東急の社長の座を追放される寸前までなった。モータリゼーション進出のもくろみからグループ全体で250億円もの資金を投入したが、東急くろがね工業は倒産し、東急電鉄グループ全体の信用不安を招いた。
銀行筋から「今の経営陣のままでいいのか」と言われたという。水面下では銀行団を中心に五島の会長棚上げ、副社長の大川博の昇格というシナリオが出来上がっていた。相談役の小林中(元日本開発銀行総裁)が根回し役となった。昇は内部からも見限られていた。
http://d.hatena.ne.jp/tokyufubai/20090221
スポンサーサイト



テーマ : 東急リバブル東急不動産不買運動
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東急リバブル東急不動産不買運動

Author:東急リバブル東急不動産不買運動
東急不動産東急リバブル不買運動
だまし売り 不正 HAYARIKI 欠陥
ブログ Blog BLOG 被害 宣言 偽装 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク