FC2ブログ

東急不動産に対する深甚な憎悪

関口冬樹や大島聡仁はオウム真理教世代であり、彼らと同じ病気を抱えている。十代後半の若者さながらの、自己を特別と思う誇大妄想と、それ故に自らを害するものは悪と断じる被害妄想がオウム真理教や東急不動産の行動を規定している。東急不動産従業員はオウム真理教同様、閉鎖的な世界に生きているため、カルト的な自己愛が純粋培養されてしまうのであろう。
原告の体内では東急不動産に対する深甚な憎悪が音もなく沸騰していた。原告は自身の内で煮えたぎる感情から目をそらし、遠くへ視線を放った。
一般人にとって証言台に立つということは緊張を要し、心の準備も必要である。魂を喉から絞り出すような苦しみを伴う作業である。証言台の上では言葉を口にするだけでも非常な努力と思考の力が必要になる。実際、朝から刻々と近づく尋問のことで原告の頭はいっぱいであった。井口寛二の都合により、延期になることは原告にとってマイナスにこそなれ、プラスになることはない。延期が被告を利するようなことになってはならないと考える。
スポンサーサイト



テーマ : 東急リバブル東急不動産不買運動
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東急リバブル東急不動産不買運動

Author:東急リバブル東急不動産不買運動
東急不動産東急リバブル不買運動
だまし売り 不正 HAYARIKI 欠陥
ブログ Blog BLOG 被害 宣言 偽装 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク