FC2ブログ

「天地人」第34回、「さらば、越後」(林田力)

 戦国武将・直江兼続の生涯を描くNHK大河ドラマ「天地人」第34回「さらば、越後」が2009年8月23日に放送された。今回は上杉家が越後から会津に移封される。
 兼続(妻夫木聡)は病に伏した秀吉(笹野高史)から会津への国替えを依頼される。原作では石田三成との会話で大きな葛藤もなく国替えが決まるが、ドラマでは秀吉自らが依頼する。父祖の地・越後を離れるインパクトを踏まえればドラマの方が自然である。
 秀吉は切腹させた豊臣秀次の亡霊を見るなど老醜をさらけだしていた。戦国の覇者である織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の中では朝鮮出兵などがあり秀吉のマイナスイメージが強いが、そこには死に際の見苦しさも影響していると思われる。しかし、国替えの説得では「秀頼の行く末だけを考えている訳ではない。戦のない世にするためだ」と兼続が断れない理屈を持ち出した。老いたとはいえ、人たらしぶりは健在である。
東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った
(2009/07/18)
林田 力

商品詳細を見る
東急不動産(販売代理・東急リバブル)から不利益事実を隠して問題物件をだまし売りされた著者(=原告)が消費者契約法に基づき売買契約を取り消し、裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟、東京地裁平成18年8月30日判決、平成17年(ワ)3018号)で売買代金を取り戻した闘いの記録。
裁判における当事者と裁判官の緊迫するやり取りを丹念に再現
個人が不誠実な大企業を相手に闘うドラマがある!
裁判と並行して明らかになった耐震強度偽装事件の余波や欠陥施工、管理会社・東急コミュニティーの杜撰な管理にも言及し、深刻化を増すマンション問題の現実を明らかにする。

スポンサーサイト



テーマ : TV番組
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東急リバブル東急不動産不買運動

Author:東急リバブル東急不動産不買運動
東急不動産東急リバブル不買運動
だまし売り 不正 HAYARIKI 欠陥
ブログ Blog BLOG 被害 宣言 偽装 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク