FC2ブログ

FW:弁護士法人アヴァンセ提出証拠の欺瞞

被告(注:被告代理人は弁護士法人アヴァンセの金崎浩之、吉成安友、佐久間明彦、前田瑞穂)の応訴態度の悪質さは自己に不都合な証拠を提出しないことである。被告は原告・被告間の交渉経緯を立証するとしつつ、意図的に平成20年4月3日付、5月29日付、5月30日付の原告文書を除外した。
4月3日付文書(甲23)は被告Y1宛のFAXである。旅行の会費についての連絡に加え、被告代理人宛委任状(甲12の1)で、相続人でもない被告Y1が相続交渉を委任していた問題を指摘した。被告Y1の委任状の問題点は、すぐに被告代理人に指摘したが、被告代理人から全く応答がなかった。そのために被告Y1に直接確認した。
その後で、ようやく4月7日付の新しい委任状(甲12の2)が送付された。しかし、この委任状は3月18日付委任状と印影が異なっており、原告は改めて不信感を抱くことになる。
5月29日付文書(甲24)は最後の応答から1ヶ月近く経過するのに被告からの応答がないために「結論と致しまして原告よりの文書が正しいため、反論の余地のないものと理解致しました」と通告した内容である。
5月30日付文書(甲25)は訴外Sが悲しむと決め付けた被告代理人(注:金崎浩之、中島賢悟、森山弘茂、吉成安友)の暴言に抗議する内容である。「貴職らは、死んだ人間の気持ちなど分からないのですから、死後のこと、事実でないことを勝手に都合よく持ち出して自らの営業利益のための交渉手段として使わないで下さい」と強く批判した。しかし、被告代理人は何一つ反省せず、被告準備書面(1)においても態度を変えることなく身勝手な理由で正当化を続けている。
被告は自らの都合の悪い主張を除いているに過ぎない。都合の悪い事実を隠して身勝手な主張を繰り返す被告への信頼性は皆無である(平成20年(ワ)第23964号 土地共有持分確認等請求事件 原告第1準備書面)。
http://d.hatena.ne.jp/branz/20091112/1257994459
スポンサーサイト



テーマ : いまのニッポン我慢ならん!
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東急リバブル東急不動産不買運動

Author:東急リバブル東急不動産不買運動
東急不動産東急リバブル不買運動
だまし売り 不正 HAYARIKI 欠陥
ブログ Blog BLOG 被害 宣言 偽装 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク